ボケの予防と性行為

ボケ予防と性行為

ニュースになることもあるぐらい珍しいことですが、70歳にして子供を産ませる男性がいます。

 

実例の方のお話をしますと、その方は愛人が6人いて、いつまでも減益として仕事に精を出し、百歳で亡くなるまで、ボケるということがありませんでした。

 

このように、高齢になっても性を楽しんでおられる方は、一般に長生きで、ボケません。しかも、考え方が前向きで、何事に対しても好奇心が旺盛です。

 

ザイデナを購入される方の年齢層でも、70歳を超える方もおられます。

 

人は何歳になろうと性欲は衰えません。しかし、世間体が悪いとか恥ずかしいということを理由に、その欲求を抑えてしまうと、次第に憂鬱感が積もってしまい、いわば欲求不満ともいえる状態が続いて、身体全体にも悪盈虚を及ぼしてしまいます。

 

そして、正確も引っ込み思案になり、何事にも消極的になって、ついには早くボケることになるのです。

 

それにくらべて、積極的に性欲を満たしている方は、心身ともにリフレッシュできています。
しかも、性行為の刺激が脳の活性化に繋がって、ボケることがありません。

 

 

性行為はすべての抑圧を解きほぐし、解放をもたらすものと言えます。それは、快感だということにほかなりません。快感を追求する人生こそ、素晴らしい人生だと言えるのではないでしょうか?