ザイデナ

勃起障害は、血管や血流が原因

勃起障害は、血管や血流が原因

勃起障害と血管系の働きは切っても切れない関係があります。中年男性でよく効かれる中折れ、これらは血管の血流がスムーズに機能していないから起こる症状です。

 

精気が勃起するのは、血液が集まるからです。性的刺激で心臓の活動が高まり、血液は性器に集まります。

 

同時に性器の根元にある静脈の弁が閉じて、血液を逃さないようにキープします。このような仕組みで勃起が起こります。

 

ED治療薬はこの静脈弁が閉じたままの状態にする働きがあるために、勃起力が維持できるのです

 

心臓や血管などの若さが保てていれば、性器も若い頃と同じような働きを保つことができます。

 

血管系に作用する成分はとてもたくさんあります。

 

鹿の角

鹿の角はその代表です。中国の皇帝たちの秘薬として愛用されており、その効果も実証済みです。れっきとした漢方薬でもありつつ、科学的にも効果は確認されています。

 

服用することで、心臓の活動を活発にし、心拍を早め、血流量を増やすことがわかっています。

 

このような作用はまさしく勃起に関する機能を向上させるためにあるといえます。勃起させるためにも、力強い血流が必要不可欠なのですから。

 

同様の作用を持つものは、朝鮮人参、ニラ、オットセイ、マムシがあります。血流の働きを高めながらも、血管内にこびりついた脂肪を取り除くなどして、血管の環境改善効果もあります。

 

このような食品をとり続けていれば、次第に血管の機能は向上する。