ED治療薬の個人輸入

ED治療薬の個人輸入について

インターネットの普及が進み、海外の商品でも簡単に注文できるようになっています。

 

バイアグラやザイデナなどのED治療薬もきちんとルールを守ったうえでの注文なら認められています。

 

ここではどのようなルールがあるのか知っておいてもらい、正しく個人輸入するお手伝いになれればと思います。

 

まず、医薬品、医薬部外品を日本国内に持ち込むには、商売などの営業で使う場合には区政労働省に承認してもらう必要があります。

 

個人で輸入する場合、(これには旅行先での購入も含みます)も同様に地方厚生局に許可を得る必要があります。

 

この時、自己の個人的な使用に使うということが前提になり、転売したり、譲ったりすると法律に違反することになります。

 

その部分だけ気を付ければ、医薬品でも簡単に個人輸入することは可能なり、今では個人輸入を代行するサービスもあります。

 

個人輸入代行に関しては、海外からの輸入者(注文者)へ直送という条件で注文を代行することになります。

 

個人輸入代行業者が守らなければならないことはたくさんありますが、注文者が守ることは、自信で使うこと、購入した商品を転売しないことが挙げられます。

 

個人輸入代行で問題になることが、商品の返品がむつかしいこと、関税などでの品物検査で開封されることがあること、商品の注文数量に上限があることなどが挙げられます。

 

品物検査に関しては、輸入が禁止されている成分が含まれているかどうかの確認です。確認後問題なければ、きちんと商品は届くことになります。

 

注文数に上限があるのは、自身にあっていない薬を間違って購入した際に、なるべく大事に至らないようにするためです。

 

これらのことをきちんとご理解の上、薬の個人輸入代行を利用して、快適ライフをお過ごしください。