ザイデナ

心因性EDと器質性ED

心因性ED,器質性ED

男性の性器の機能が衰えて、性生活が満足に行うことができない症状を総じてEDと言います。日本では3割ほどの方が症状を感じています。また1割程度の方が治療に取り組んでいるといわれています。

 

日本人にピッタリだといわれているザイデナもED治療薬の一つです。有名なバイアグラ・シアリスなどに続き、第四のED治療薬とも言われています。

 

EDの現認によって心因性と器質性とに分けることができます。日本人の多くは心因性のEDと言われています。心因性EDとはストレスが原因で起こるものです。ただ勘違いされがちなのが、自分はストレスを感じていないと思い込んでいる人がもおられます。

 

ストレスを感じることによって人間の体に様々な影響が起こります。EDの原因となる影響としては、ホルモンバランスの乱れがあります。ホルモンバランスが乱れると、もちろん男性ホルモンの分泌も乱れます。性欲をつかさどる男性ホルモンが乱れると、性に興味を持たなくなったり、性交を楽しみたいと考えなくなります。

 

セックスレスという言葉もありますが、中にはホルモンバランスの乱れで性欲自体が欠損している男性もいるかもしれません。その方々はEDだいえるでしょう。ただ自分に自覚症状がないだけです。

 

器質性のEDは体の機能が正常に働かないために起こるEDのことです。多くは手術などで神経を気付つけてしまったり、臓器を取り除いたりすることが原因で起こります。