インポテンツとED

インポテンツとEDについて

よくインポテンツとEDは同じ同義語として理解されていることが多いです。先ほども説明しましたがEDは勃起する人でも含まれることが大いにあります。
インポテンツは【イン】=【ない】をあらわし、【ポンテンツ】=【能力】を表しますので、直訳すると【能力がない】いうことになります。

 

全く勃起しない状態をインポテンツと呼ばれています。しかしEDの場合は、治療が可能なのでインポテンツとは大きく異なります。

 

インポテンツとは
  • 治療が不可能
  • 子孫を残せない
  • 勃起の機能が完全に失われている。

 

EDとは
  • 勃起しないことではない
  • 治療は可能

 

インポテンツとは勃起が不可能の状態。EDは勃起が可能であり、治療もできる。

 

EDの原因として男性が一番最初に気持ちの問題と考えます。

 

それは原因がわからないからゆえに、体の体質的な原因にするのではなく気持ちの問題やその時の調子が悪いということで納めておきたいという考えがあるからでしょう。

 

もちろん雰囲気や気持ちが原因でEDになる方も多くおられることは確かです。

 

男性が性交渉に臨んでなかなか勃起に至らない場合、一般には気持ちや雰囲気に原因があることがあります。

 

確かに過度に緊張したり、ムードが悪かったり、自分自身に自信がなかったりすると、その日は性交渉がうまくいかなかったと感じることがあった男性は多いのではないでしょうか?

 

もしも原因がその通り、気持ちや雰囲気が原因で性交渉の満足が得られなかった場合に関してはEDですらありません

 

医学では、病気の原因をしばしば、心因性と器質性に分けて考えますが、EDと定義される症状に関しては心因性はなく器質性の原因だと考えられています。つまり気持ちの問題でなく体の問題という事です。

 

なので適切な処置を施すことによって治癒が可能です。多くの場合服薬で治ることがほとんどなのです。

 

しかし、自分自身がEDかなと思っても、どこに相談に言っていいのかなかなかわからないし、周りに相談もしにくいものです。

 

病院にかかるとしても、何かに行けばいいのかも思いつかない方も多いものです。原因によってかかるかは違うのですが、まずは泌尿器科への診察をお勧めします。

 

 

EDとはわかりやすく説明すると、今最もかかりやすい生活習慣病です。一般的に生活習慣病とは、糖尿病、脳卒中、心臓病、高血圧などが有名ですが、最近はその中にEDも含まれます。日本でも100万人以上の男性がEDであると推定されています。

 

生活習慣病は原因として体内の一酸化窒素の減少があげられます。

 

一酸化炭素が減少することによって血管が硬化してしまい、このような生活習慣病を引き起こしてしまうのです。

 

ペニスの血管が硬化することによっておこる病気がEDです。心臓周りの血管が硬化したら心筋梗塞に、脳の近くの血管が硬化したら、脳こうそくになります。

 

EDが最もかかりやすい生活習慣病といわれるのは、心臓や脳と比べてペニスの血管は細いから硬化しやすいからです。体内の血管の不調は一番デリケートなペニスから現れるともいわれています。