ザイデナ

これからの勃起障害治療

これからの勃起障害治療

HL11_041 勃起障害の治療としては、投与による治療が主流であり、その目的としては、血流を良くして、血管の健康を向上させることです。

 

その効果が今、医療分野から注目されていて、血液の流れが良くなれば、ガンの予防やアンチエイジングに繋がるというのです。

 

ガンの原因は活性酸素がDNAを攻撃することです。

 

活性酸素は酸化ストレスが高い状態だと発生しやすくなります。

 

しかし、バイアグラなどの勃起薬の作用により血流が良くなっている状態ならどうでしょう。

 

さらにアンチエイジングに関しても、肌の老化やなどの原因の一つにも活性酸素は挙げられています。

 

論理的には、活性酸素が発生しにくいので、ガンになりにくい・老化しにくいと言えるのではないでしょうか。

 

これは現段階ではまだデータ不足の状態であり、研究による実証はできていませんが、かなり高い確率でその作用がると私は考えています。

 

近い未来に、バイアグラやシアリスなどの勃起薬ががんの予防効果・アンチエイジング効果があると立証されると、今よりも多くな方がこれらの薬に興味を持ち、自身で健康を取り戻すことができるようになるかもしれません。

 

そのほか活性酸素が原因とされる様々な病気、例えば、生活習慣病、うつ病、ぜんそく、高血圧、など血液が関連している様々な病気は血管の健康を改善することにより治るとされているので、勃起薬が役に立つかもしれませんね。