ザイデナ

勃起障害はそのままにしない

勃起障害はそのままにしない

年齢を重ねてくると体のあちこちで、調子が悪くなってきます。その中でも目に見えて実感できてしまうのが下半身機能の衰えです。性器の勃起ができていたのが、徐々に衰えを感じ始め、最後にはうんともすんとも言わなくなります。

 

この状態を勃起障害と言います。性行為をすることがなければ勃起障害でも生活に支障がないかもしれません。またその反対に勃起障害になったから性行為をあきらめるという人もおられることでしょう。

 

しかし、この勃起障害をそのままにしておくと、脳梗塞、心筋梗塞など命にかかわるような欠陥の病気になるケースが増えています。勃起障害の症状は脳梗塞や心筋梗塞の予備軍であるサインにもなるのです。

 

そうならないように、ズデナなどを服用することで、血流を良くすることで、脳梗塞や心筋梗塞を予防することにもなるというのです。

 

私自身は長い間、勃起障害そのまま放置していた時期があったのですが、なんだか息切れをしやすくなったなと感じていました。しかし性生活をあきらめることができなかったのでザイデナのジェネリック医薬品であるズデナを選びました。これは、日本人の体質に合っている唯一の治療薬だと聞いたからです。

 

そのままにしておくとよくないことが起こるので勃起不全に治療や早期に行った方がいいでしょう。