前立腺肥大症の手術療法

前立腺肥大症の手術療法

あんしん通販薬局

 

薬物療法によって症状が改善しない場合は、手術を考慮する必要があります。

 

しかし手術をするかしないかは最終的な判断は、患者さん本人が決めなければなりません。

 

仕事などで長い間定期的な通院が難しいのであれば、思い切って手術をすることを選択することもご自身での判断ならいいことだと思います。

 

 

 

数十年前には、下腹部を切開して前立腺の肥大した部分を摘出する前立腺被膜下摘出手術という術式が主流でした。

 

しかし減税では内視鏡を使った経尿道的前立腺切除術(TUR-P)という術式が主流になり患者さんの術式に対する体の負担がとても少なくなりました。

 

 

もしも百人の泌尿器科のお医者さんにあなた自身がもしも前立腺肥大の手術をすることになった時にどちらの術式を選びますか?と問いかけたなら、ほとんどのお医者さんがTUR-Pを選択するほど、体への負担の少ない術式です。

 

 

近年では研究が進み様々な治療法が開発されています。

 

投薬でもザイデナなどの価格帯が手ごろな薬も数多く開発されています。

 

今までは治療の方法が限られていた前立腺肥大ですが、選択の幅が広がっています。