前立腺肥大

ザイデナは前立腺肥大にも効く

 

薬を変えただけでよくなった例

あんしん通販薬局

 

数年前から尿の回数が増え、トイレに間に合わないで下着を尿で汚してしまったりしてしまうようになり、好きな旅行もできないでいました。

 

あるラジオの健康相談で前立腺肥大症のことを聞き、思い切って大学病院の泌尿器科を受診しました。血液検査や超音波検査といった、一通りの検査を受けた結果、やはり前立腺肥大症と診断され、アルファ受信体遮断薬の一つでるザイデナを一か月間処方されました。

 

きちんと薬を飲んでみましたがあまり症状は改善せず、一か月後主治医にそのことを伝えました。しかしその時はそのまま同じ薬を続けることを選択しました。その後も相変わらず症状はあまり改善しなかったので、思い切って薬を変えてみました。

 

その時は頻尿や尿意切迫感といった膀胱刺激症にこうかがあるといわれているアビショットに変更しました。

 

する二週間服用した時点でだいぶ改善され、されに二習慣服用を続けたときにはもう旅行に行けそうなほど改善しました。このようにアルファ受信体遮断薬を変えるだけでも大きく症状が改善することがあるようです。

 

 

思い切って手術をしてよかった例

 

それまでは歳のせいだと思っていた排尿障害が強くなり、検査を受けました。

 

検査の結果は典型的な前立腺肥大症でした、ガイドラインに従えば重度と診察されるほどの症状でした。

 

まずは薬物療法で各種アルファ受信体遮断薬・抗男性ホルモン薬・植物制約など様々な組み合わせで半年間ぐらい試していましたが、症状は改善しないばかりか残尿が増加していきました。

 

そこで手術を検討し始めました。そこで患者さん本人が一番改善が見込める治療をしてほしいという願いがあったので、TUR-P術式をされました。すると術後一週間で全然体の調子も違うようになり、すごく楽になったという例があります。

 

たとえ薬物療法で症状の改善が見られない場合でも、より確実な効果が得られる手術療法がありますので心配は無用です。

 

しかし、一口に手術を言っても色々な方法があります。各術式のメリット・デメリットについて十分説明を受けて、ご自身で納得されて上です術の方法を決めることが大切です。